レンタカー大阪 テラニシモータース | レンタカー大阪 格安レンタカー大阪 激安3時間980円より

車の窓ガラスが凍ったときの対策。やってはいけない事もあるんですね^^;

06-6904-0550 06-4304-4761

ブログ

スタッフ

車の窓ガラスが凍ったときの対策。やってはいけない事もあるんですね^^;

更新日:2017/01/24

皆様こんばんわ!!

大阪でレンタカー、カーリース、中古車販売を取り扱っておりますテラニシモータースより吉田でございます!

今日も途中で大雪が降ったりと困る天気となりましたね^^;

これからのシーズン天気に雪は欠かせないものになると思われるので、注意していこうと思います笑

車の窓ガラスが凍る・・・

そして今日の僕の中の話題が「窓ガラスが凍る」です・・・笑

ご返却いただいたお車をすぐ洗車してという事があるんですけど、少しでも時間が経てば凍ってしまうんですよね^^;

これが夜の11時とかだったわかるんですけど、18時19時の時点で凍ってしまうんで僕的には大問題です。

なので今回は窓ガラスが凍った時の対処方なんかも書いていこうと思います!

車の窓ガラスが凍る原因とは??

ただ凍ったから対処方書いてもしかたないので、原因も調べてみました!

車のフロントガラスの外側が凍結する原因は降雪や降雨によるものや、放射冷却によって凍結します。

放射冷却というのは空気中の蒸発した水分が日没等で気温が下がると湿った空気は冷やされて凍結し霜になって降り注ぐ現象です。

居住地域によってはフロントガラスの内側でさえも、凍結する場合があるようですが結露のような状態が起きて凍結すると考えられます。

と調べたら掲載されていました!

単純に寒いから凍るとかじゃなくてちゃんとした理由があったんですね!

車の窓ガラス 凍結を予防する方法

さて本題の窓ガラスの凍結を予防する方法ですね!

① 屋内駐車場や、(屋外でも)屋根付き駐車場を用意する
・建物の中に駐車したり、屋外駐車場に屋根を取り付けることにより、フロントガラスやボディが凍らないようにできます。

② 駐車場に庭木を植える
・近くに大きめの植物があることで、底冷えが抑えられる可能性があります。
※実際に植え込みなどの多い駐車場では、フロントガラス等が凍っていない車があります。

③ バスタオルや毛布、フロントカバーなどでフロントガラスを覆う
・フロントカバーは車内のシフトレバーやサイドレバーに引っ掛けるだけの、簡単なものがあります。

となっております!

結構知らなかった事が多くて「へぇ~」ってなりました笑

植物も効果的だったとは意外ですよね!

バスタオルやカバーとかは手軽に出来るので、屋根付き駐車場ではない方も実践しやすいのでおススメですね^^

車の窓ガラス 凍結した際の対処方

予防はわかった物のとりあえず、窓がもう凍っちゃいました・・・という方もいるはず!というか僕も凍った経験数知れず笑

これさえ見ておけばいざという時の対処方も書いておきます!!

①車のエアコンをつける

まず、暖機運転をしつつ、デフロスター(扇形のマーク)を作動させましょう!

しばらく放置しておけば出かける頃には霜は見事に溶け、車内も温まって快適、といいことずくめの一番手軽な方法なんですけど

冷えてる車を暖める事を考えたら何しろ時間がかかるんですよね^^;

時間に余裕がある方は試してみて下さい。

②解氷スプレーを使用する!

これは先に準備しておかないとどうにも出来ないですけど、効果は抜群です。

凍結している箇所に吹いて、ワイパーを動かすだけで簡単にガラスの氷を取り除いてくれます^^

カー用品店などでも売っているので、時間無いんです!!という方には良いと思います!

③下敷きやスクレパーでガリガリ削る

これ僕した事ないんですけど、効果あるみたいです!

調べてたら寒冷地にお住まいの方とかは結構やっている方多いみたいですね!

スクレパーは窓に傷が・・・と思う方もいると思いますが、プラスチック製の物もあるのでそちらでガリガリしてみて下さい。

車の窓ガラス 凍った時にしてはいけない事

これ実は誰しもがしたくなるんですよね。

絶対早いから笑

でもダメですよ!

窓ガラスに熱湯をかける事は!

数々のサイトでも厳禁とされているこの行為

もう知ってます!という方もいらっしゃれば、「え!?そうなの!?」と思う方もいると思うので一応書いておきます!

 

理論としては、耐熱じゃないガラスのコップに熱湯を入れると割れることがあると思うんですけど、あれと同じ理由です。

フロントガラスにも微細な傷や飛び石があると、温度差によってそこから亀裂が入って取り返しの付かないことになってしまう事もあるんですね!

僕も昔車ではないんですけど、マグカップに入ったアイスを暖房器具の前で食べてたらマグカップが真っ二つに割れるという事もありました^^;笑

これが車だったら大惨事ですよね。

傷ついてないからいいでしょ!と思ってお湯かけたら実は細かい飛び石があって、高速を走ってたらそこから線が入って割れるという事もあったみたいなので十分に注意しましょう!

 

じゃあ逆に何だったらいいのでしょうか??

それはお風呂の残り湯くらいの温度だったら大丈夫です!

白湯っていう表現の方がいいんですかね??^^;笑

でも水量が少なかったりしたら再度凍ってしまったりするので、ホースやバケツでたっぷりかけて霜を素早く溶かしていきましょう!

一応ワイパーも作動させる事も忘れずに!寒すぎたらワイパーも凍結する事もあるので、そこもしっかりチェックしていきましょう!

 

それではそろそろお客様が帰ってくるのでこの辺で!!

大阪はテラニシモータースより吉田でした!!

top

Copyright (C) テラニシモータース All Rights Reserved.